週刊少年サンデー2019年35号

みんな、高岡商業のキャプテン、森田くんをよろしくね!!!!!!!!!!!!

 

mmforhtn

 

うぇぶりのメンテが長引いていたり私が忙しかったりとこんなタイミングでの更新です。

ていうか水曜日に発売する雑誌があるのに水曜の朝10時から翌日にかけてメンテ入れるのちょっとよくわかんない……他にもいろいろ言いたいことはあるけど……

 

 

双亡亭壊すべし

巻頭の見開きカラーが綺麗に見れないのが解せぬ。タブレットを横向きにしても見開き表示にならないんだけどなんでなの……

ろくろう、逃げ回っていたけれど、結局なにがあったのかは読み込めなかった……とりあえず泥努がぶち切れてるね

 

BE BLUES!

FK練習で存在感を見せつける龍ちゃん、遂に練習参加最終日の紅白戦が開始です!

甲子園が始まったのでついついそちらに意識が向いちゃうのですが、推し高校、夏のインハイで準優勝だったんですよね。悔しいけれど、ハイライトで見たら「いやーこれは強いわ」ってなっちゃった

 

ゆこさえ戦えば

ゆこちゃんの家で雄牙くんと令ちゃんと一緒に遊ぶ話。

令ちゃんが完全にツンデレさんで可愛い。あと悪魔同士も一緒に遊んじゃってるの可愛い。

 

FIRE RABBIT!!

山火事に対して、危機察知能力をふんだんに発揮するまひろの回

小隊長が「あいつが乗り移ってるかのように」って気付きましたね!!!!

 

switch

黒宮パイセンの喝により、普段の調子を取り戻した1年生ズの回

 

MAO

菜花、現代でいろいろ調べる、の回。

しょーこ様の言ってたのはやっぱり関東大震災のことなのか!

やっぱりこっち路線のるーみっくのほうが好きだな

 

あおざくら

坂木と近藤、一緒に飲みに行く、の回。

近藤の「坂木さんに憧れて」で、顔に出ないけど嬉しくなっちゃう坂木可愛いし、ていうか、なんか、刺さるので、この回つらかった。全然つらい回じゃないんだけど。

 

トバリの向こう

読み切り。バレーボールをする男の子の話。

こういう話は嫌いではないけれど、漫画というより小説っぽさがある気がする。起承転結が大きくない、というか……

 

舞妓さんちのまかないさん

すーちゃんのお願い事、「健太の思いが届きますように」なの、健気、健気すぎる……

幼馴染三人、みんなで幸せになればええんやで……

 

5分後の世界

七々扇、わりとやべぇことをしていたことが判明!

大和の持ってきた戦利品ってなんだろう?仏像の死体?結局あの枷についてたロゴマークの意味もわかんないし、謎は深まるばかり。

タイムスリップしたからクライマックスが近いのかなと思っていたけれど、全然まだまだ続きそうじゃん!やったね!

 

 

 

近況報告。

みなさん、8/6の甲子園の第三試合、観ましたか。

私の故郷である富山県勢・高岡商業の試合がありました。

ツイッターで発狂していたのでご存知の方もいらっしゃるとは思うのですが、本当に、本当に良い試合で……!

特にしびれたのは延長10回表。9回裏に追いつかれ、どうにかサヨナラ負けを凌いだ高岡商業の攻撃。

9番打者が送りバントを選択し、結果ツーアウト2、3塁。

なんとしてでも得点が欲しいはずの高岡商業ですが、ここで送りバントを選択したのがまず意外で。

監督も、選手も、誰もが、1番打者のキャプテン森田くんのことを信じたのだと思うのです。

この森田くん、去年の夏も高岡商業のレギュラーで、去年優勝校の大阪桐蔭に負けています。

まずこの時点で私は泣きそうになるわけです。

トーナメント戦だから、ひとつ何かが狂うだけで、勝ちも負けもする。

そんな中で、この試合で最後(になるかもしれない)の打席をキャプテンの森田くんに託した。

これは高校球児でよく見る光景ですが、試合の最終局面、バッターボックスに立つ高校生が、ちょっと笑うのにも私は弱くて。絶対にプレッシャーや緊張があるのに、それでも「今を楽しもう」とする姿に、私、弱くて。

森田くんも多分に漏れず、少しだけ笑ってて。

ここで涙腺が崩壊します。

祈るように、テレビの前で両手を合わせて。目を背けたいような、ちゃんと見届けたいような、そんな複雑な気持ちで、テレビを睨みつけながら。

……金属バットの良い音が響きました。

もうここは、是非動画で観てほしいです。

9回表までは勝っていたのに、追いつかれて、今はもうツーアウトの状態で、あの当たり。

森田くんのファンになりました……。

 

私、そもそもトーナメント戦が好きで。1戦1戦、少しの狂いで勝敗が決してしまう、そんなひりひり感が好きで。

野球も、好きで。好きな人がやっていたから、というのもあるけれど、バッターボックスに立っている瞬間は、その子だけが主役なのが、好きで。誰もが主役になれるのが、好きで。

ピッチャーとバッターの、1対1の対決感も好きで。キャッチャーのことも見てるよ覚えてるよ大丈夫あくまで「1対1の対決感」だよ

甲子園が好きなのは、やっぱり、あそこに立つ資格があるのは「3年間」という期限付きで、そういう「限られた時間での輝き」も好きで。

あとは動きが少ないので試合の状況を追えないことがないのもある

 

まさか初戦、初日から泣くとは思わなかったんですけども。

そういうわけでみなさん、高岡商業をよろしくお願いします!!!

(あ、智辯和歌山ももちろん応援してますよ!)

 

なんかめっちゃ頭痛がしてます。寝ます。

ではまた……明日?